仏壇と女性スタッフ

接客から納品まで

ギャラリーメモリアは、現代仏壇を専門に取り扱うショップです。
故人様を想って迎える大切なお仏壇、初めての事に不安の方もいらっしゃるでしょう。
お仏壇選びからお客様の元にお届けするまで、安心して迎えて頂ける様に私達がサポートします。

仏壇と女性スタッフ

故人様とつながる場所を
共に考える

店長岩本 由香

お仏壇はご先祖さまと向き合い、故人様とお話するための場所でもあります。初めて来店されるお客様は緊張されている方が多いので、リラックスして頂けるよう、照明やお花を調えたり、コーディネートを季節に合わせて変えてみたりと、綺麗で落ち着ける環境づくりを心掛けています。
お客様からは「おしゃれで明るくていいですね。」「お店に行くといつも落ち着きます。」と、お誉めの言葉を頂いてます。

女性スタッフ

入社当時は、悲しみの中におられるお客様のお話を伺う事が辛く感じる時もありましたが、お仏壇を購入された方から「主人のお家を用意してあげる事が出来てホッとした。」「親身に話を聴いてくれて、自分がイメージするお祀りの場所が出来た。」と感謝の言葉を頂いた時に、お客様が故人様と繋がる場所を一緒に考え、お手伝いする事が大切なのだと気付きました。
「妻と旅行した思い出のイタリア製の仏壇にしてあげよう」「グリーンが好きだったから、この仏具が合いそうだね」と故人様を思い出しながら一つひとつご覧になり、お祀りの形が出来て皆様がホッとされる瞬間に、この仕事をしていて良かったと感じます。

お仏壇をお客様の元へ

安心した表情を見られた時が 一番のやりがいです

納品する男性

お客様にご安心頂く為に

納品植﨑 亮圭

ご注文頂いたお仏壇を、お客様の元へお届けする仕事をしています。
故人様への思いがこもった大切なものですので、特に丁重に運び設置する様に心掛けています。お客様の祀りたいスタイルやご不安な事をお伺いして、一人ひとりが希望される祀り方や作法、仏事について案内しています。その為に、常に自分の知識と心の幅を広げる様にしています。

納品する男性

お仏壇を迎えるのは初めての方が多く、戸惑われているお客様もいらっしゃいます。特に四十九日を迎えるまでは、心身ともに落ち着かない日々が続き、お疲れの方も少なくありません。無事にお仏壇をお迎えしてようやく落ち着いたと、涙を浮かべる方もいらっしゃいます。
お客様の安心した表情を見られた時が、この仕事をしていてよかったと感じる瞬間です。

末永く使うお仏壇

「選んで良かった」と思って頂ける納得のクオリティを

チェックする男性 class=

良いものを届けるのは当然のこと

品質管理宮本 浩一

最終検品は、実際に使用されるお客さんの目線で、傷や打痕がないか、可動部分(膳引、抽斗等)や扉のスキマ等を丁寧に確認します。検品をしていると、細かい処に目が行きがちになってしまいますが、商品を大きく俯瞰して見たり、見る、嗅ぐ、聞く、触れる、と感覚で捉える事も大切にしています。
品質の良いものをお届けするのは、出来て「当然」。誰かに褒めてもらう事ではありません。でも頂いた感想の中に商品の事がある時は嬉しく思います。お褒めのお言葉は、パートナーの職人さんにお伝えします。やる気になってくれる表情を見ると、自分のモチベーションアップに繋がります。

梱包する男性

感謝の気持ちを込めた梱包を

品質管理 細川 竜志

お客様の元にお届けする際、最初に目にするのは商品ではなく梱包ですので、梱包資材も決して手を抜けません。納品担当が開封するとしても、梱包・配送で感謝の気持ちを伝えることは大切です。
運送中でもお仏壇に傷をつけないように、厚みのあるウレタン製のコーナーパッドで商品の四方を浮かせ、外装にはダブルのダンボールを使用しています。取り外し式の須弥壇や棚板は仏壇の中に入れず、別個装でお届けしています。
お客様に「最良の状態」でお届けする事も、お客様に喜んで頂く為の、大切な仕事です。