Open Navi Menu

八木研が求める人物像

ともに成長する仲間を
募集しています。

求める人物像

コミュニケーションを大切にする人

会社組織の中はもとより取引先や顧客との間で、人と人とのつながりが一番大切だと考えています。個人の力には限界があります。周りの人と連携して、それぞれの個性を活かせたとき、大きな仕事が達成できるのです。

素直な心の人

素直な心は、高い価値観を得るために必要な要素です。しかし、個人の利害や感情、知識や先入観にとらわれず、物事を見るのは大変難しいことです。自らを省みて、常に心がける必要があります。

チャレンジ精神を持つ人

新しい挑戦には困難がつきものです。それを尻込みしていては何も生まれません。障害にあっても創意工夫と強い意志で粘り強く立ち向い、やり遂げたときに人は成長をします。

管理本部 部長

杉井からのメッセージ

相手の立場になって考えるコミュニケーション

コミュニケーションといっても、単に仲良くすることではありません。相手の気持ちや考え方を正しく理解する力と、自分の想いを相手に正しく伝える力の2つが備わって、はじめてコミュニケーションが成り立つのです。
相手の話を正しく理解するには、その内容だけでなく表情や声のトーンを読み取って、秘めた想いを聴きます。また正しく伝えるときは、相手の知識や経験に合わせた言葉で話すことが重要です。

素直な心によって出逢う高い価値観

素直な心になると、自己の価値観を捨てて相手を受け入れる素地ができます。そのなかで高い価値観と出逢えば、自己の可能性を最大限に引き出す自己実現が達成できるのです。
高い価値観とは、下記の4つが同時に合わさって機能する判断基準のことです。

相手本位⇔自己本位 自分の利害より相手のために行動すること
内容本位⇔表面本位 表面的なことより内容の奥深さを考えること
先行本位⇔目先本位 今現在より将来を見据えること
逆境本位⇔安楽本位 簡単に済ませず困難に立ち向かうこと

チャレンジする意欲が成長への鍵

仕事の依頼に対して、「私には無理です」と最初から自分の限界を決めてしまう人がいます。それは、大変残念なことです。チャレンジによって潜在能力が解放され、未知の実力を発揮することも多くあります。その経験は仕事だけでなく、その人自身の成長につながります。管理本部がいつでもサポートするので、どんどんチャレンジしてください。