Open Navi Menu

各部門の紹介

固定概念にとらわれず、「まだこの世にないモノ」を生み出すために。
業界の枠を越えた挑戦を続けています。

ギャラリーメモリア

不安を感じているお客様の、心の「もやもや」を取り除きます。銀座店 セールスコーチ 鈴木 孝子(2001年入社)

ギャラリーメモリアの仕事内容について教えてください。

お客様の仏壇選びのサポートをしています。お店にご来店されたお客様を案内して仏壇をご覧いただきながら説明しています。お客様は仏壇を設置する場所や祀り方のルールに、不安と疑問を感じておられる方がほとんど。その心の「もやもや」を取り除いてさしあげることが仕事です。中には辛い気持ちで来店されたお客様がお帰りの頃には笑顔になって、少し前向きな気持ちになっていただけた時にはお役に立てたと嬉しく思います。お客様に「ありがとう」という言葉を頂ける、ありがたい仕事です。

挫折したことなどはありますか?また、そこからどうやって立ち直りましたか?

入社当時、接客は初めてだったので、お客様の前に出るのが怖かったですね。説明する内容も頭で整理できていなくて上手にお話できなかったので、向いていないと思いました。でも、このまま辞めてしまうのは悔しいと思い、1つ1つ商品説明を話し言葉で書き、暗記して鏡の前でにっこり笑って言えるように何度も練習しました。その甲斐があって、お客様の前で上手に話すことができた時、自分の中で何かが吹っ切れました。

営業部

トータルでお客様に向き合い、次々と新しい取り組みに挑戦する。東京第一営業所 課長 末定 政孝(1997年入社)

営業部の仕事内容について教えてください。

現代仏壇を中心に取り扱う代理店や、寺院用品を取り扱う問屋などに商品の営業活動をしています。また、代理店の店舗や売上の管理、販売員研修、新規加盟代理店の開拓など、業務は多岐に渡ります。新たに加盟が決まれば、店舗のデザインや、立地まで提案することもあります。トータルでお客様(代理店)に向き合えるので、新しい取り組みを次々と行える、まさに挑戦し続けることが仕事となる部署です。

仕事で難しいことはどんなことですか?

新規の取引先開拓には、制限がありません。たとえば現在、宗教用具業界だけでなくホテル・旅館にも椅子や机などの商品を販売しています。そのように新しい業界に商品を流通させる時は今までのノウハウが通用しないことがあります。業界が違えば全く異なるルールになるため、その業界のことを1から勉強し、理解する必要があります。もちろん簡単にはいきませんが、これからも新しい業界をどんどん開拓して、新しい商流を作っていきたいと思います。

広報企画室

広報とは、相手へメッセージを届けること。リーダー 西田 理亜(1997年入社)

広報企画室の仕事内容について教えてください。

カタログやパンフレット、チラシ、ポスターなどの印刷物や、看板、WEBサイト、TVCMなど広告に関することは何でも制作します。また、取材をしたり撮影に立ち合ったり、社外の仕事も多く、現場で判断を求められることもあります。広報とは相手へメッセージを届けること。「誰に、何を、どのように伝えるか」を常に考えて行動しています。

子育てをしながら、仕事と家庭をどのように両立させていますか?

朝は遅刻するし、夕食は遅いし、まるで駄目なのですが、周りの人の理解と支えによって仕事を続けることができました。通勤途中で本社ビルが見えるたび「奇跡…」とつぶやいています。両立の秘訣をあえて言うなら、家に仕事のグチを持ち込まず、仕事で家の話をしないことだと思います。頭のスイッチを切り替えて、メリハリのある生活をするようにしています。

商品管理部

自分の仕事が、お客様の「安心」と「納得」につながる。品質管理 兼田 悠希(2014年入社)

商品管理部 品質管理の仕事内容について教えてください。

生産協力メーカーから納品された商品が、品質基準をすべてクリアしているかを検査しています。問題が発生すればメーカーと相談して解決策を探っていきます。お客様が安心、納得して商品をお買い求めいただけるように、発生した問題に対してなぜ起こったのか、どのように改善していくかを常に考えて対応しています。商品の品質を守る、とても重要なポジションと言えますね。

入社を決めた理由は何ですか?

きっかけは仏壇を作っている会社ってどんなところなんだろうと興味を持ったことです。それまで仏壇というと、古く暗いイメージでしたが、ギャラリーメモリアに初めて訪れた時、明るくおしゃれな雰囲気でその違いに驚きました。イタリア製やステンドグラスの仏壇なんて、当時想像もできなかったのです。「これは面白そうな会社だ!」と思いましたね。そして面接で、現在の上司や社長とじっくり話をした時、とても熱心に話を聞いていただいたことで、どの企業よりも誠実さを感じました。ここでなら現状に満足しないで自己成長できると感じたことが、決め手になりました。

総務部

社員が働きやすい職場環境を作っています。総務 田處 育美(2008年入社)

総務部の仕事内容について教えてください。

人事・労務管理をはじめ、規定の見直し、車や建物の管理、来客対応など、幅広く業務を行っています。会社全体の管理を行いながら、社員が働きやすい職場環境を整えることが総務の仕事です。たとえば、普段何気なく使う備品を定期的に補充したり、床やタイルカーペットを綺麗にしたり…細かいことでも社員が気持ちよく、存分にその力を発揮するために、とても大切な役割なんです。

人とコミュニケーションをとる時に心がけていることはありますか?

総務は、社外の業者様との交渉はもちろん、社内の方とやりとりすることが多い部署ですので、コミュニケーションがとても大切です。私が一番大切にしていることは「相手の話をしっかり聴く」こと。話を聴くことで、その人が何を考え、何を伝えようとしているか理解するとが出来ます。また、会話をする時はいつも笑顔で応えるようにしています。社内の雰囲気も良く、社員同士で時に談笑したり、お互い助け合いながら仕事をしていますが、「親しき仲にも礼儀あり」とあるように、会話の中にもきちんと礼儀を守っています。これからも良い関係を築いていきたいですね。